HTMLとCSSは違うもの?同じもの?

HTMLとCSSは使用用途が異なる

HTMLとCSSは全く異なるものです。両者ともwebページを作成する目的で使用するマークアップ言語であることは共通していますが、使用用途が異なります。
HTMLはHyperText Markup Languageの略称であり、テキストという意味が示す通りwebページの文書を記述しているものです。対してCSSはCascading Style Sheetsの略称であり、スタイルシートという意味が示す通りwebページの余白や行間などのレイアウト、フォントの種類や大きさといったデザインスタイルの指定を行うことができます。webページにCSSを適用せずHTMLのみで表示すると、例外もありますが多くのwebページはスタイルが適用されずにシンプルな文章だけが表示されます。

HTMLとCSSの役割とは

もともとインターネットの黎明期にはwebページはデザイン面の考慮はあまりなされていませんでした。しかし、技術が発達するにつれてインターネットを利用するユーザーが増え、webページの内容をより分かりやすくするためにデザインの配慮が必要になっていきます。
そこでwebの技術を標準化するための団体が、HTMLには単純な文書を記述し、CSSでスタイルを整えるというwebページの作成方法を提唱しました。HTMLとCSSの役割を別々にすることは、HTMLのコードの肥大化を防ぎ、ページの更新や管理などの保守性を向上させる目的もあります。
こうしてHTMLは文書を表示する役割、CSSはHTMLにスタイルを与える役割を担うことになりました。HTML単体でスタイルを指定するマークアップも行うことができますが、推奨される方法ではありません。

HP作成の依頼を業者にするなら、ホームページ作成の実績はとても重要です。実際に作成したHPを見せてもらえるところに依頼するのがよいでしょう。