CSS=スタイルシート??この2つの関係とは

ホームページ=HTMLドキュメント

お題であるCSSの前に、HTMLについてお話しましょう。
みなさんがホームページ、ホームページ、と呼んでいるもの、これは何だと思いますか?じつにたくさんの写真や絵が張られていますよね。「ホームページ」という「もの」が、これらすべてのものを表示しているのでしょうか?じつはちがいます。
みなさんがホームページと呼んでいるものは、正確には「HTMLテキスト」あるいは「HTMLドキュメント」などと言いまして、文字だけではない様々なものやつながりを表現するために生まれた「ハイパーテキスト」の一種です。
HTMLテキストは、本文、それをはさむタグ、そしてそこからリンクされる多くのファイル群へのリンクで成り立っています。この「リンク=つながり」も、HTMLドキュメントの大事な要素の一つなのです。
1つのホームページ画面を表示するために、文字からなる文章、それをコントロールするコマンド、それに付随する多くのファイル群、が必要になってくるのです。

CSS=CSSという形式/ファイル

CSSとは、もちろんスタイルシートの略なのですが、同時にCSSファイルというHTMLファイルからリンクされる別ファイルのことでもあり、CSSファイルを指定するときの、指定形式のことでもあるのです。
つまり、HTMLドキュメントの中核であるHTMLファイルのなかには、「このスタイルシートを使って表示してね」という指示が書き込まれているわけです。そして、そのスタイルシートの内容を書き込んだファイルは、HTMLファイルからリンクされて、別の場所にあるのです。
ホームページの表示やレイアウトを担うスタイルシートも、HTMLファイル自身や、画像ファイル、音声ファイルなどとともに、ホームページを表示するさいに必要になってくる多くのファイルの1つだったわけですね。
どうでしょうか。分かったような分からないような?では、ホームページ・ビルダーなどで作成したフォルダを実際に開いてみましょう。どうですか?たくさんのファイルのなかにきっとCSSファイルが見つかったはずです。スタイルシートの中身は、このファイルのなかに書き込まれているんです。

ホームページ作成の見積もりは複数の業者に依頼をすることで、費用の相場も判断することが可能になります。