CSSで広がるWebページ作成

CSSの基本を理解する

CSSとは、いわゆるスタイルシートのことで、ブラウザ上でホームページを表示するさいの表示やレイアウトを担っている部分です。
パソコンにホームページが表示されるとき、その骨格となっているのはHTMLですから、HTMLが理解できていないという方は、まずはHTMLの基礎についてしっかりと把握しておきましょう。
HTMLにスタイルシートを割り振るには、ホームページビルダーなどであれば、まずスタイルシート・マネージャーを開くことによって、スタイルを各部に設定していきます。HTMLにスタイルを設定することによって、今まで改行や段落分けしか出来なかったHTMLに対して、フォント・サイズやフォント名、フォントのスタイル、インデントや行間などを細かく表現させていくことができるようになります。
HTMLという無骨な役者が、伸縮自在の衣をまとうようなものだと言えます。

CSSを効率的に設定する

仕組みと働きはわかったCSSですが、実はこれは何のためにあるかというと、HTMLのなかで同じ要素をもたせたい部分にまとまった設定を施すためなのです。
HTMLのタグやブロック要素には、それぞれ共通または個別のIDを持たせることができます。同じように表現したい部分には同じIDを、個別に表現したい部分には個別のIDを割り振ることで、それぞれのIDごとのスタイル・シートを設定することが可能になります。
たとえば、ここのテーブルはすべて同じ幅にしたい、隣のテーブルはそれぞれちがった幅を割り当てたい、そんなときには「変えたい部分」にだけ「変えたいスタイルをもったID」を設定することで、CSSはウェブ画面のなかで生きてくるのです。
CSSは言わば名刺代わりのIDといっしょに使用したとき、その真価が発揮されてくると言えるでしょう。