難しそうで取っつきにくい…。CSSの簡単な使い方

CSSの基本構造…セレクターと宣言ブロックを理解しましょう。

CSSとは、HTMLにスタイル機能を提供して、表示を制御する為の言語です。文字のフォントの大きさや色を変えたり、レイアウトを組んだり、画像や動画を組み込んだりする役割があるのです。
CSSにはセレクターと宣言ブロックが一緒になったものです。セレクターとは、HTMLのどの部分を変更したいのかをアルファベットと数字で表します。宣言ブロックとは、どのように変更したいのかを、開始波カッコから始めて、終了波カッコで終了し表示します。基本的に、アルファベット、コロン、セミコロン、スペースなどの記号も含めて全て半角で表示します。
CSSを使う時は、しっかり表示されるよう変更したら、その都度ページを確認すると作業のミスに気が付きやすくなります。

プロパティとプロパティ値の基本と作業を効率よくする方法

CSSの宣言ブロックの中には、フォントを指定したり、テキスト色を変更したりするプロパティと呼ばれる部分があります。さらに、プロパティを設定する値がプロパティ値となり、記号やアルファベットで表示します。プロパティとプロパティ値との間にはコロンが必ず入り、プロパティ値の後ろにはセミコロンが入ります。例えば色を変更する場合、プロパティ値は#とアルファベット6文字で全ての色を指定する事が可能です。
CSSを使用する場合、記号やアルファベットばかりなので、どこをどのように変更したのかわから無くなる事があります。その為に、「/*」と「*/」を表示して、その間に自分がわかりやすいように表示したい場所や内容を入力しておきます。この間ならば、HTMLに反映されませんので非常にCSSが使いやすくなります。